乳頭吸引器

陥没乳首なんだけど、最近、乳頭吸引器というものがあるって知ったのね。
その乳頭吸引器を使えば、陥没乳首が治るって話を聞いて、すぐにネットで調べたんだけど・・・
なんか、妊婦さんとか母乳あげる人用の道具みたいじゃない?
私、妊娠もしてないし、する予定もないし・・・それなのに、乳頭吸引器って必要なのかなって気がして、買う気が失せちゃったの。
そもそも、陥没乳首だからって日常生活には支障ないし。別に治さなきゃいけない切実な理由があるわけじゃないわけよ。
彼氏とエッチする時に、ちょっと不具合があるとは言え・・・私の場合、指でつまめば乳首出てくるし、彼も私の陥没乳首知らないと思う。
気にし過ぎだよね、別に乳頭吸引器まで買って対策しなきゃいけないほどじゃないと思う。
いや、この間、婦人科の検診に行ったんだけど、初めて行く婦人科で、男の先生だったんだけど、乳がんの検診してる時に「陥没乳首ですね」って言われて。
裏垢男子
それで、乳頭吸引器で治りますから~ってかるーく言われてね。
「治りますから」って言葉に引っかかっちゃったんだ。治さなきゃいけないものなの?ってびっくりしたわけ。
今まで陥没乳首を指摘してきた婦人科の先生いなかったし。
それに自分の陥没乳首で支障なかったから、気にしてなかったけど、そう言われると気になって。
それで、ネットで乳頭吸引器を見たら、妊婦さんとか母乳あげてる人用でしょ?じゃなかったら、本当にエッチの時の乳首吸引みたいなエログッズ。
こんなのわざわざ買う必要ない気がしてきた。
スペンス乳腺
乳首開発

セックスフレンド募集

高校の頃いつも7人のメンバーと一緒に行動をしていました。男子5人。女子2人。きっかけは文化祭でした。材料を買う担当で7人で行動を共にしてから意気投合をしました。男子が5人いても、特に男性として意識はしませんでした。そのせいか男子たちも私たちが平気で下ネタを話すから女性として見られてないと思います。

そんなある日、男子5人の中の1人後藤君からセックスフレンド募集したいと訳の分からない話をしました。「童貞だから、早く卒業したいし卒業したら逆に色んな女性とやりたいからセックスフレンド募集してる。」「それ私達2人の前で言う。」「言うよ。セックスフレンドになって欲しいし。」
セフレ 作り方
その言葉に残りの3人も共感していましたが、新井君だけは話題を変えようとしていましたが、後藤君はそれでも会話を続けました。「セックスフレンド募集って、私達に言われても困る。彼氏じゃない人とやりたくないし。」「じゃぁ、この中で彼氏を選ぶか。」なんでこうなったんだろうと思いました。ずっと仲良く続く関係だと思っていたのにセックスフレンド募集という後藤君の言葉で一気に変わるとは思いもしませんでした。

その後、私達は7人で行動するのは辞めましたが、私はその中の1人新井君と付き合うことにしました。新井君とは家も近いこともあって何度も学校が終わると一緒に帰っていたし、セックスフレンドの会話の時も後藤君の会話を止めようとしてくれたから。後藤君の話がなかったら新井くんとは今も付き合っていないなと思いました。
裏垢女子
裏垢女子